[[ message ]]

外伝 夜叉第弐幕『狂い椛』


旅の道中、無名の剣客「夜叉」と愛刀「小烏丸」は異変解決の依頼を受ける。
その異変は、時期を越してもう3年も紅葉し続け近寄った男を喰らう椛だった。
 一泊と飯を報酬に夜叉は椛の元へ向かうと、そこには能面を被った美しい緋色の髪の女が立っていた。
女が去ると突如、夜叉に翁面の傀儡が襲い掛かる…
果たして、椛の真と理や如何に

 言葉など無粋。その生命の焔が燃え盛る理に、汝は何れの心をもって剱を振るう。

 神話の片隅より語られる「縁」の物語、夜叉 第弐幕『狂い椛』開幕!!


ユーザーガイドをよく読んだ上でご利用下さい